銀行のカードローンはどんなメリットがあるのか


銀行系カードローンとは

3
 カードローンとは、金融機関が発効したカードでお金を借りることが出来る便利なサービスです。急な出費がかさんでしまい、お金に余裕がない場合などに使うことが出来る短期的なローンとして活用することが想定されています。銀行が行っているカードローンの場合、審査は厳しいという面を持っていますが、ほかの金融機関に比べ金利は安いという特徴があります。申し込みをする方法としては、インターネットで申し込みをすると良いでしょう。インターネット上で完結する場合もありますし、郵送での手続きが必要な場合もあり、金融機関によってバラバラです。中には、銀行内に設置されているテレビ電話窓口を通じて申し込めば、最短30分でカードが発行されるという所もあります。

銀行系カードローンの審査について

 カードローンが利用できるようになるまでは、必ず審査があります。審査では、「借り入れ上限金」や「年齢」などが主に見られており、個人信用情報に傷がある場合は審査に通らないこともあります。申し込みをしてから最短30分ほどで審査は完了し、カードが発行されます。カード発行後は、審査通過後の上限金額まで借り入れを行うことが出来るようになり、上限金額以内であればいつでもどこでも借り入れが可能です。

銀行系カードローンの返済について

 返済は、銀行側が指定する方法で行います。返済期日までに返済が行われないと、遅延損害金が請求されるほか、他社での借り入れができにくくなるなどデメリットがありますので、計画的に利用すると良いでしょう。返済にあたっては、金利が発生しますので、借り入れをした金額に対して数パーセントから数十パーセント上乗せした金額を返済する必要があります。金利に関しては、指定がありますのでその指定された利率に合わせて返済を行っていくと良いでしょう。