キャッシングの基礎知識について


キャッシングの仕組みと種類

1
キャッシングという言葉を耳にすることはありますが、それがどのような仕組みになっているのかということを詳しく理解している人は多くありません。キャッシングとは簡単に言うと、小口融資を受ける、すなわちお金を借りると言うことになっています。しかしお金を借りるとひと言で言っても方法はいくつかあります。消費者金融から借りるという方法もあれば、クレジットカードを使うという方法もあります。このほかにヤミ金や街金からお金を借りるという方法もあります。それぞれに特徴があるのでしっかりと頭に入れておくことが大切です。

消費者金融を使ったキャッシングの特徴

消費者金融会社とは、現金を貸すことが本業となっているのでキャッシングが可能です。返済方法は基本的にリボ払いとなっています。また金利は実質年率が5パーセントから18パーセントのところが多くなっています。専用のカードを使ってお金を引き出すという方法がありますが、これ以外にインターネットの画面から操作を行って、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうというような方法もあります。さまざまな利用方法があるので非常に喜ばれています。大手の有名な会社を利用することで安心感があります。
 キャッシングをする際に、すぐ必要なお金なのか、目的が決まっているお金なのかみきわめ、適切なキャッシング業者をチョイスすることをおすすめします。すぐお金が必要な場合には24時間土日も審査対応している業者も存在しており、それぞれメリット・デメリットが存在しています。

クレジットカードをつかったキャッシングの特徴

 クレジットカードは、買い物をしたときに使うカードにその機能が付けられているものがあります。最初の段階では限度額が10万円程度のところが多くなっていますが、何度もクレジットカードを利用していることで、50万円や60万円というように限度額が上がっていくことが多くなっています。返済は一括返済が基本となっています。利息は実質年率8パーセントから18パーセントというように設定されています。少しの金額の借入の場合には、18パーセントの金利が適用されています。
 街中には、クレジットカードのショッピング枠をつかった現金化を行う業者もいますが、これはクレジットカードを使ったキャッシングとは全く異なる性質で、場合によっては違法になりますので、クレジットカードのショッピング枠の現金化は行わないようにしましょう。