キャッシングとクレジットカードの現金化の関係について


クレジットカードの現金化は危ない

 インターネット上でキャッシングについて調べていると、クレジットカードの現金化を行っている業者が「キャッシングを断られても」などと言った文句を並べている事があります。
 キャッシング枠というのは最近ではクレジットカードについているのが一般的になりましたが、要は借金の一種なので経済状況や利用状況などによっては断られることがあります。
 一方で詳しくは後述しますが、クレジットカードの現金化は業者側は一切損をしない仕組みなので、どのような人間でもクレジットカードがあれば利用できてしまうのも確かなのです。

クレジットカードの現金化の仕組み

 クレジットカードの現金化の仕組みというのは、簡単に言ってしまえば「高く転売しやすい物をショッピング枠で利用者に買わせて、それを安く買い取る」か「安価な物をショッピング枠で高額に売りつけ、キャッシュバックと称して一定がくを渡す」の何方かです。
 これは最終的には利用者は一時的にお金は入りますがそれより高額な支払いが待っているのでどう転んでも損しかしませんが、業者側は逆にどう転んでも利益しか出ない仕組みになっています。
 なので悪い言い方をしたら借金に断られるような方でも利用が出来るという訳です。

キャッシングに断られてもクレジットカード現金化に手を出すのはやめましょう

 ただしこれはメリットでもなんでもなく「弱みに付け込む悪徳商売」というだけの話でしかありません。
 クレジットカード現金化の支払額と手元に残る現金の差額を金利としてとらえると、フリーローンの高利子などとは比べ物にならず同じ犯罪でも闇金の数倍に達する事が有ります。
 また現金化は利用者も犯罪として逮捕される可能性がありますし、反社会勢力の資金源となっているという一面もあります。
 なのでいくらお金に困っていても手を出すのはやめましょう。